ロマンチック街道

イタリアン

心と身体を癒す場所

大阪府北西部にある豊中市は人口約40万人を抱える中核市であり、大阪都心から近距離にあることからベッドタウンとしての役目も果たしています。江戸時代には能勢街道の中間地点だったことで、大名が陣屋を築き発展しましたが明治になると電車が開通され更に人口が増えました。昭和30年代になると、増加した人口の緩和対策として千里ニュータウンが急ピッチで進められたのです。この開発に伴い下水道や道路整備といったインフラストラクチャーも、一気に進められました。したがって豊中市内には自動車道と高速道路といった幹線道路網が、整っており交通事情はかなりよいのです。これらの道路の内の何本かは、豊中ロマンチック街道という愛称がつけられ豊中市民及び近隣住人に親しまれています。具体的には大阪府道・京都府道43号豊中亀岡線のうちで、小路北交差点から北に位置する豊中市域のことです。ロマンチック街道の道路沿いには、花が植えられ周辺には顔づくりプロジェクトという試みが実行されました。ロマンチック街道周辺に地域では、名前が知られているイタリアンの店やケーキショップなどが点在しており、経済の活性化につながっています。特に注目したいのがお洒落なイタリアンを扱っている店も多いのですが、それ以外のお店も集中していることです。イタリアンの店近くに整骨院や歯科医院といった異種職業があるのですが、どちらも人が快適に暮らしていくには大切な場所です。美味しいイタリアンで心を癒されながら、身体を癒されることもできるということになります。豊中市民と近隣住人にとっては、まさに心と身体のオアシスといえるでしょう。